▼医療連携体制加算の所得までの流れ

①協力医療機関との契約及び、看護ステーションとの業務委託契約書を締結する。

②個人情報同意書の所得。(利用者様の同意を以て医療機関に情報提供するため)

③療連携が必要な人たちの情報を協力医療機関から送られてくる「情報提供シート」に入力する。

④ピックアップされた方の以下の書類(情報)を用意し、協力医療機関に送付する。
・ストレスチェックシート
・個別支援計画書
・フェイスシート(利用者の日常生活がわかる資料)
・情報提供シート(協力医療機関から送られてくるシート(エクセル)で施設や利用者の情 報を記載して頂かなければなりません。)

⑤指示書が発行される。(④の書類を頂いてから約2週間で指示書が発行されます。)

⑥指示書を元に個別支援計画書の変更を行う。

⑦看護師と今後の支援についての打合せ。
・利用者一人ひとりの状況について
・医療連携を行う場所について   …等

⑧看護師より「看護計画書」を受け取る。

⑨支援開始

(1)ご訪問
(2)サービス管理責任者などに対してのご挨拶及び利用者の状況についてのヒアリング
(3)利用者に対して支援(1人約5分となります。)(看護記録表に状況などを記入致します。)
(4)支援終了後、サービス管理責任者などに対してご報告及び。看護記録表をお渡しする。
(5)1ヶ月終了すれば「報告書」を看護ステーションから受け取る。

注意

Ⅰ,重要事項説明書に、「医療連携体制加算」についての料金説明の記載がない場合は「重要事項説明書の変更の案内」に利用者の方に署名して頂く必要がございます。

Ⅱ,追加で利用者の指示書を依頼したい場合は、協力医療機関にその旨を伝え、「情報提供シート」をもらいご記載頂くと共に、ストレスチェックシート・個別支援計画書・フェイスシートをご用意ください。


▼実地指導対策

今回、医療連携体制加算を取得するにあたっては、他の加算と同じで「なぜ、医療連携体制加算を取得することになったのか(課題の抽出)、「医療連携体制加算を導入して途中経過はどうなのか(モニタリング)」、「医療連携体制加算を取り入れた結果どうだったのか(結果)」を書類に残さなければなりません。

具体的な今回の医療連携体制加算の導入にあたって…

①ストレスチェックシート用いて、課題の抽出の行う。
②ストレスチェックシートや指示書を元に「個別支援計画書」に医療連携について記載する。
③支援が開始すれば、医療連携がどのように利用者の成長につながっているか評価をする。
④医療連携体制加算の必要性があるのであれば、次回の個別支援計画書に反映する。

という流れを組まなければなりません。
なお、具体的に残さなければならない書類は以下の通りとなります。

(1)ストレスチェックシート
(2)指示書
(3)医療連携体制加算を反映した個別支援計画書
(4)医療連携計画書
(5)日々の看護記録表
(6)毎月の報告書
(7)医療連携評価表(毎月が望ましいが、3ヶ月に1度ほどでも可)
(8)次回の個別支援計画書案(医療連携体制加算について内容を盛り込んだもの)                                                             以上

もちろん、他のケース会議やモニタリングなどについても「医療連携体制加算」の支援内容などについて、盛り込んで頂ければより一層望ましいです。

1

2

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ